BACK
□ 一応日記のつもりです。めちゃくちゃ不定期だけどね。

BY / 結城惺

Page: [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
ティアが〜(T_T)
□ 2000/05/25(Thu)

木曜ドラマの『君が教えてくれたこと』を、実は毎週真面目に観ているのだが、
(ちなみに水曜のこーちゃん主役の奴と、金曜の『QUIZ』も観ている)
今日の回で、主役のともさかりえが可愛がっていた子猫のティアが死んでしまった。

ちょっと前に新聞の番組紹介の欄で、『自閉症の主人公に悲しみ教えて、ティアは死んでしまう』
みたいなことが書かれていて、ああ、そうなのかと思ってはいたのだけれど、
やっぱりこうやって観てしまうと、すごい悲しい。
いや、もちろん、ドラマの上のことで、本当にそのネコが死んでるわけじゃないし、
お話の展開上、多分必要なことだったとは思うんだけど、それでも観ててボロボロ泣いてしまった。

やっぱり駄目だなー、特にネコの死にネタは。
ここ何日か、あちこちにチーしまくって、「お前なんか箱に詰めて川に流してやるっ!」と、
散々しまに向かってぶーたれていたんだけど、
「……生きててくれれば、どんなんでもいいや」に変わってしまったよ。

ほんとにそう。生きててくれればいいの。長生きして、ずっと側にいてね。
人も、動物も、側にいたものがいなくなるのは、悲しいから。
ズーラシア!
□ 2000/05/24(Wed)

去年の春に開園して以来ずっと行こうと思っていたのに行けなかった『ズーラシア』(正式名称横浜動物園)に、友人二人と行ってきた。
雨女の私は、出掛ける直前まで天気が崩れるのを心配していたのだが、
結局、そう大して雨に降られることもなかった。
(途中、パラパラとにわか雨っぽく降ったりしたけど、そこはそれ、ちゃんと折りたたみを持っていたし、
だって、持ってないと絶対ザーザー降りになるんだもんっ!
と、同じ理由で三人とも傘持ちだった。さすがだ、マミ、みながわくんっ!)

この動物園はまだ、全部造り終わっていなくて、あちこち造りかけのころかあったりするんだけど、
それでも一周ぐるっと見てまわるにはけっこうな広さだった。
普段、家に籠もりきりで、下手すると玄関までしか歩かない私は、
日差しの強さに溶けそうにもなったりして、途中ちょっと倒れそうだった。
(病み上がりだったし。ちょっと無謀だったかも……)

でも、今までいつもだらーっと寝ているのしか見た事がなかった動物が、
ここでは何だか元気に歩き回ってたり、ペンギンと心通わせたりできてかなり満足度は高かった。
元々、どこに旅行に行っても、ちょっと時間があると動物園や水族館、
植物園にまで行ってしまう私は、こいうところが大好きなのだ。

多分、何年かすれば新しい動物が来て、新しいゾーン
(元々の動物達が住んでいる場所で、幾つかのゾーンに別れて展示されている)もできるだろうと思うので、
そしたらきっとまた遊びに来てしまうことだろう。
家から、電車で10分+バス10分くらいで、あんまり近くて驚いたし(笑)

写真も一杯撮ってきたので、また改めて『旅行記』とかのコンテンツを作るつもりなので、そこにアップするね。
特にペンギン写真は、素晴らしいのが撮れてるのよー、楽しみにしててね。
な、なんとか
□ 2000/05/21(Sun)

またみねが手伝いに来てくれて、何とか過去ログ作りの作業も終了。
その他の細かいところも、大体終わったかな?
まだ、いじってると不具合の出るとこもないわけじゃないんだけど、
前のサーバは5月一杯で契約が切れちゃうし、
どっかでけりをつけて移動しないと、いつまで経ってもみんなに見てもらえないし、
とにかくして過去ログ作りが終わったのを機に、公開してしまうことにした。

……もしかすると、この後まだ不具合が出るかもしれないけど、
(特に、新しく作ったパスワードかけたページとか)
(ちゃんと設定してあるはずなのに、すぐNO COCKIEになっちゃうの)
優しく見守っててやってね。
『ここがおかしいです』とかこっそり教えてもらえたら、もっと嬉しいかも。
そんな他力本願な私だけど、これからもよろしく。
屋根があるっ!
□ 2000/05/20(Sat)

というわけで、なんとか早起きして、朝いちで病院に行ってきた。
けっこう若い男の先生と看護婦さん3人の、ちっさい病院で、レントゲンも先生が自分で撮るんで、お昼前あたりには混んできて、かなりぎゅうぎゅうな感じだったけど、すごくきれいで素晴らしかった。
いや、新しいんだから、綺麗なのは当然なんだけど、とにかく待合室に屋根があるというのが何より素晴らしい。

……というのも、今まで一番近くて(歩いて3分くらい)行っていた内科のある病院は、待合室がなかったから。
今考えると、元々設計的に待合室のない造りだった気がする。
一応、診察室の前の廊下に丸椅子並べてたけど、あれは待合室じゃない、飽くまでも廊下だ。しかも、リューマチ科があるもので、お年寄りが一杯で、私のような若者(爆)(ほら、これって比較の問題だから)はとても座らせてもらえるような雰囲気じゃなくて、座るどころか立ってる場所もなくて、いつも青空待合室。
外に出してある椅子に座れるならまだよくて、へたすると花壇のブロックに座ってるしかないこともあって……。

素晴らしいよね、屋根のある、ゆったりしたソファのある、花や絵の飾ってある明るい待合室。

次風邪引いた時も、きっとあそこの病院に行こう。
ちなみに、風邪自体はほんとにただの風邪で、レントゲンも撮ったけど、心配していた気管支炎も今回は大丈夫だったみたい。それ考えると、前回はよほどひどかったんだなぁ。肺の写真、真っ白だったもんなー。

みなさん、健康にはくれぐれも気をつけましょう。
一ヶ月も咳が止まらなかったら、面倒くさいなんて言ってないで、病院に行こうねっ!
風邪引いた
□ 2000/05/19(Fri)

なんか具合悪い。咳が出るし、微熱があるし、鼻垂れてるし。
この症状は誰がどう考えても風邪だ、間違いなく。
でも、今までの私ならきっと、適当に薬飲んで、寝てれば治るよって思っただろう。
が、今回の私はちょっと違う。だって、ずっと待ってた駅前の病院が開業したしっ!
夕飯食べに行った時にちゃんと保険証も持ってきたし、明日は病院に行こう。
わかってるんだよね、病院いけばさくっと治っちゃうって。
でも、雨降るかもしれないのに、外で待たされる病院になんて行きたくなかったんだもん。
Page:[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]


表示件数:
(現在47件中/5件/Pageで表示をしています。)




ゆいりんく(Free)
EDIT By CJ Club